ときどき文化

 美術、音楽、ワークショップの感想など

古い建物 ぶらぶら


大阪の淀屋橋から北浜界わいは、古い建物が所どころに残っていて好きなエリアです。

大通りより中の方に入って歩き回ることはあまり無かったんですが、思わず足をとめて見入ってしまう建物が点在しているのですねぇ。

淀屋橋駅の11番出口の階段を上がると、すぐ目の前にあらわれるビル。

芝川ビル

立派なものだな。


ビルの名は  ”芝川ビル”
昭和2年(1927年)に建てられたそうです。

そばに寄って、見上げてみます。



ううむ、美しい。装飾も凝っている。


ヨーロッパのどこかの模様かなと思いきや、意外や南米のマヤ・インカ文明のものだそうです。
昭和2年にですか。ワールドワイドですね。


ビルを建てたのは、芝川又四郎という人。
ご先祖が海外の物を輸入する仕事をしていて、又四郎さんも海外に興味をもち、南米にも出かけていたそうです。

芝川ビル

なんかわかりませんが、おしゃれです。



芝川ビルを通りすぎ、少し南へ下ると、木造建築が目にとまります。


なんの建物だろう。



玄関を拝見しますと、

北垣薬品


大きく「薬品」と書かれた文字の下に、
動物用医薬品、農藝用薬剤・・
こういう商いもあるのか。

住所は道修町。くすりの町です。


蔵のほうも拝見してみます。

北垣薬品 蔵


段ボールが山積みに‥。
蔵も、本来の目的のまま使われてるのですね。


こちらの会社は250年以上前の創業(1763年)。
近くに近代的なビルも建てているんですが、創業時に建てられたこの町家を、今も本社として使用しているようです。京都とかでは珍しくありませんが、大阪のこの辺りでは珍しい気がする。


しばらく道修町通をてくてく歩いていくと、また少し古そうな、大きなビルが。



こちらが入り口かな。

杏雨書屋


武田科学振興財団
杏雨書屋
(きょううしょおく)


はて、杏(あんず)の雨 とは?


なんでも、あんずの種にはセキ止めなどの薬効があるそうですね。いいお医者さんのことを杏林(きょうりん)という呼び方があり、その杏林をうるおす雨、という意味があるみたいです。

医書の資料館で、国宝の資料も所蔵しているとのこと。コロナのため臨時休館中ですが、再開したら見てみたい。


道修町通を少し引き返し、北へ向かうと印象的な近代建築が2棟つづいています。

高麗橋ビル


手前の赤レンガの建物は、東京駅や大阪市中央公会堂を設計した建築家・辰野金吾の事務所による設計とのこと。「なるほど~」という気が‥。

こういう建物とひょっこり出合えるのはうれしい。

高麗橋ビル 

もとは生命保険会社のビルだったようですが、今は結婚式場として使われていて、「オペラ・ドメーヌ高麗橋」という建物名になっています。
明治45年(1912年)の建築。



お隣の白っぽい建物は、教会です。

日本基督教団
浪花教会

日本基督教団浪花教会 

よいなー。

昭和5年(1930年)の建築です。

今も建っていてくれて、ありがとうという感じです。


さて急ですが、夜になりました。

この道(三休橋筋)をまっすぐ北へ向かうと、川の向こう側に大阪市中央公会堂が見えてきます。

大阪市中央公会堂


正面からの眺めが華やかですが、この方角からの眺めもええなぁ。
ライトアップもカッコよろしいです。

老朽化のため一時は取り壊しの危機もあったようですが、市民の反対活動で永久保存・再生となったのですね。残してくれて、本当によかった。


そのようなわけで、つまるところ、都会のうるおいスポットはありがたい、という話でした。また、気ままに歩きたい。





一陽来復


デパートのお正月飾りを見かけました。

f:id:pokorin3:20210107230650j:plain


一陽来復をもじって「一陽来福」を願うものだそうです。

陰がきわまり、陽がきざすこと。悪いことが続いたあとに幸運が訪れること。
もとの言葉の意味はなんとなく知っていた(つもり)だったけど、なんだか今は、一つ一つの字の意味が身にしみます。


f:id:pokorin3:20210109164219j:plain


黄色のパワー、すごいな・・

元気をもらえます。

 

皆川明の世界


「ミナ ペルホネン / 皆川明 つづく 」展(兵庫県立美術館)を、会期終了まぎわに観に行ってきました。

f:id:pokorin3:20201107194512j:plain


エントランスに、クッションが敷き詰められています。その数、約330個。

てっきり手で触っていいものだと思って、触りまくってしまいました。すみません。(汗)


ミナ ペルホネンはファッションブランドの名で、皆川明さんはブランドを立ち上げたファッションデザイナーです。


こちらは、洋服の森

f:id:pokorin3:20201107194902j:plain

ブランド設立以来、25年間でつくられた服  約390体が展示されています。


中には、こーんなコートですとか

f:id:pokorin3:20201107195040j:plain



このようなジャケット&スカートですとか

f:id:pokorin3:20201107195118j:plain


服の形も可愛らしいんですが、生地がもう、素敵で・・

生地のデザインも、皆川さんが手がけられています。




生地のデザイン原画と、それをもとにつくられた生地が並んだ展示も興味深い。

たとえばこちらの原画は、

f:id:pokorin3:20201107195221j:plain(おサルさん?)

布になると

f:id:pokorin3:20201107195328j:plain このような感じ。

刺繍や織りなど、名前の出ない職人さんの仕事もまた素晴らしいのだろうな。


こんなに素敵なデザインや服づくりをされている皆川さんですが、裏の顔(ということもないけど)がまた、すごいです。


●挿絵の世界

皆川さんは挿絵も描かれるそうで、新聞の連載コラムの挿絵が紹介されているんですが

f:id:pokorin3:20201107195457j:plain

(展示ケースの境目が写りこんでいます)


こちらの挿絵のタイトルは『石の話』。

たしかに、彼らは会話している・・(ような気がする)。


私は「石どうしの会話」と思い込んで見ていましたが、「石についての話」という意味だったのかもしれません。



f:id:pokorin3:20201107200504j:plain



こちらのタイトルは『ヒツジカゲ(羊影)』


絵も、タイトルのセンスも、好きやなー。



f:id:pokorin3:20201107200601j:plain

タイトルは『これからの今』。


たしかに、こんな形になっている気がする。



カバンにプリントするイラストの原画も展示されていました。

f:id:pokorin3:20201107200757j:plain


あの素敵な服のデザインをする人が、この絵を・・。


いや、これはこれで素敵なんですが、素敵の方向性がまるきり違うというか。
(意外なような、でも、なんか分かるような)


上の原画をもとに出来上がったカバンがこちら

f:id:pokorin3:20201107200950j:plain


これは、原画の方がいい気がする。



そのようなわけで、オモテの顔もウラの顔も、刺さる展示でした。

展示は11/8(日)で終了となりますが、
ミナペルホネンのショップは、京都にもあるんですね。(買うのはお高いのだろうな)

こういう服をつくる人生というのが、ちょっぴり(かなり?)うらやましい気がします。

 

 

わびの探究


先月、逸翁美術館(大阪)の展示「わびとサビとはどう違う?」を観に行ってきました。

逸翁美術館 チラシ

※会期は9月6日まででした

わびとサビの違いなど意識したことがありませんでしたが、
サビの方は、時間の経過が関係しているんですね。

古びて出る味わいがサビで、
わびの方は、古いとか新しいとかは関係ないのか。
まぁ、重なる部分も多いみたいです。

帰りに、阪急電車と「すみっコぐらし」のコラボ電車に出くわしました。

すみっコぐらし号

『すみっコぐらし号』

手前の方に写っているキャラクターは、まったりと温泉につかっているのかと思いきや、
ナベの中の液体は天ぷら油で、中に浸かっているのは大きい方がトンカツ、小さいのがエビフライらしいです。意外にシュールですね。


下は、車内ステッカーです。

すみっコぐらし ステッカー

部屋のすみっこで落ち着くすみっコたち。


ひょっとしてすみっコぐらしって、わびの精神を体現しているのでは・・と思い、ためしに背景を和風のものに変えてみました。

すみっコぐらし 和風



ジブリのアニメとかに出てきそうですね。



白黒にしてみたら、どうだろう。

すみっコぐらし 和風2

地味になった





やはり背景は茶室がいいかな。

人数を減らして、お茶を持たせて・・

f:id:pokorin3:20201022163528j:plain



なかなか楽しそう。

お茶やダンゴをもつキャラクターは、阪急電車京都線に現れるもの。(2021年3月まで)

背景の茶室は、昨年(2019年)、大阪市立東洋陶磁美術館で開かれた『マリメッコ・スピリッツ』展で撮ったものです。


tokidokibunka.hatenablog.com


茶室とはいえ華やかですね。あまり、わびっぽくないですが‥ まぁいいか・・





コインの世界

 

ある日、家に眠っているコインを整理しました。

f:id:pokorin3:20200901193150j:plain


もとの持ち主が中東・アフリカ方面へ行くことが多かったため、その地域のものが中心です。
やはり日本では見かけない風物がいろいろ描かれていて、おもしろい。

 

f:id:pokorin3:20200901170812j:plain

アラジンのランプ風ですね。
どこの国かいな。


コインをひっくり返すと、

f:id:pokorin3:20200901170851j:plain


アラビア文字の下に、”UNITED ARAB EMIRATES” の文字がある。

アラブ首長国連邦か。

いや~、遠いところから・・。


・・・


f:id:pokorin3:20200901200842j:plain


これはエジプトだろう。


裏には

f:id:pokorin3:20200901200936j:plain


0のように見えるけど、10 とかかな?

と思い、アラビア文字と算用数字の対照表で調べてみると

f:id:pokorin3:20200901195151j:plain


0(ゼロ)ではなく、5 を表すようです。
5円玉か。(円ではないけど)



・・・


f:id:pokorin3:20200901165908j:plain


これは、なんの動物だろう。
イヌかタヌキのような体つきに、細長い鼻(か、口)。

アリクイみたいだなぁと思ったのですが・・


コインをひっくり返すと、

f:id:pokorin3:20200901170007j:plain


ZAMBIA、ザンビア とある。

ザンビアのお金ということで調べてみると、どうやらオモテの動物はツチブタのようです。


 ・ツチブタ: アフリカ中南部の草原にすみ、アリを捕食する。



やはり、あの細長い鼻か口の形は、アリを食べるのに便利なのだな‥



・・・


f:id:pokorin3:20200901172024j:plain


コインの周縁をうめつくす曲線は、単なる模様ではなく文字だと思うんですが・・

美しいです。(読めませんが。)


サウジアラビアのコインです。


コインの裏はとみると、

f:id:pokorin3:20200901185656j:plain



真ん中にある、3をひっくり返したような文字は、 さきほどの表によると4 を表しています。
‥4円玉?
(円じゃないけど)


その下の4ケタの文字

f:id:pokorin3:20200901191111j:plain


4ケタだし、コインが発行された年だろうと思い、同じ表でみてみると、
1378年となります。
が、このコインの発行年としては古すぎる。


もしかしてイスラム暦かなぁと思い、
イスラム暦ヒジュラ暦)から西暦へ換算できるサイト ↓ で調べてみました。

f:id:pokorin3:20200901192006j:plain


換算したところ、西暦だと1959年となり、このコインが使われていた年代(1960~1970年代)に合います。

なんと計算機のカシオが、このような換算サイトをつくっているのです。


イスラム暦だけではない。イラン暦、ユダヤ暦、マヤ暦も換算できます。
カシオ、すごい!!
(誰が、どんな時にこのサイトを使うのか・・ そっちも気になる。)


★生活や実務に役立つ計算サイト<世界のこよみ> by CASIO

https://keisan.casio.jp/menu/system/000000000240



・・・


f:id:pokorin3:20200829203633j:plain


月と星、
その下に、音楽記号のように流麗な文字。

まるでタカラヅカの通貨のようです。(そのようなものは ありませんが。)

パキスタンのコインです。




・・・


f:id:pokorin3:20200901203016j:plain


手足が鳥のような、インドとか、東南アジアの国に登場する神様っぽいものが描かれています。
調べてみると、インドの神話に出てくるガルダという神様のようです。


コインをひっくり返すと、

f:id:pokorin3:20200901203123j:plain


若き国王という風情の肖像。

真面目そうな東洋人に見えます・・

タイの元国王、ラーマ9世でした。



・・・


f:id:pokorin3:20200829205721j:plain


おおーーーーっ。

漢字や~~~~ぁぁぁ!!



・・と、思わず声を上げてしまいました。

ついに来た、漢字文化圏!! ホンコン!!!



裏は、と見ると、

f:id:pokorin3:20200829205908j:plain



"QUEEN ELIZABETH THE SECOND"  の文字と、エリザベス女王の肖像。

イギリスに統治されていた時代の香港。



・・・


さて、いくつかの海を渡ってきました。

f:id:pokorin3:20200901205744j:plain


現代の、日本の硬貨。

500円玉は桐、


f:id:pokorin3:20200901205834j:plain

100円は桜。


ふだん見慣れているものですが、こういう流れで見るとお国柄が出ているなぁ。と、
改めて感じます。

自然、文化、言葉、歴史に政治と・・
ちょっとした物見遊山、時間旅行をした気分です。




 

松屋町 練


ひさしぶりに、松屋町大阪市)の『練(れん)』に行ってきました。

松屋町駅の出口を上がってすぐのところにある、古い蔵とお屋敷を再生してつくられた複合ショップです。

f:id:pokorin3:20200806115713j:plain

 

蔵が建てられたのは文化八年(1811年)。明治時代の半ばごろまで、晒蝋(さらしろう)とよばれる、ろうそくや鬢付け(びんつけ)油の原料がつくられていたそうです。

現在は、チョコレート専門店が入っています。



f:id:pokorin3:20200806135634j:plain

母屋の一階にある広間です。

以前は雑貨屋さんやカフェが入っていたと思いますが、
今はテナント入居待ちかな。庭の緑がきれい。

こちらは大正末年ごろに建てられたもので、かつては病院として使われていたこともあったそうです。


f:id:pokorin3:20200806140537j:plain

屋内から、中庭と門の方を眺めたところ。


深いひさしや軒のつくる陰が濃くて、外とゆるやかにつながっていて、
なんとも落ち着きます。

それにしても大阪の街中で、こんなに古い木造の建物がよく残っていたものだな。空襲の被害を免れたのは、奇跡的なことだったようです。


あっ

こんなところに、トリが。

f:id:pokorin3:20200806210927j:plain

おや、かき氷屋さん?(でも、よく見ると・・)


●より道

『練』にほど近い空堀商店街に、『趣佳』という名のうつわ屋さんがあります。

お店の前を通ると、つい中に入ってしまう、
買うつもりがなくても、つい一つ二つと買い求めてしまう(ことがある)

・・という、その名の通り、趣味のよいうつわを並べているお店です。


私が出かけたときは、松平彩子さんという作家さんのうつわが紹介されていました。
※8/9(日)まで

f:id:pokorin3:20200806205511j:plain

写真:お店のHPより

やさしい色合いのお皿です。



 ↓ 趣佳HP

趣佳[syuca.jp]